HFC管理人のヒラメ日記

HFC管理人の釣り日記&日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

今年の初釣りはワカサギ!533匹の結果に大満足

どもども~

昨日ようやっと今年の初釣りに行ってこれましたw

写真撮ってなくてほぼ文章のみになるのでサクッと書いていきます。

1月24日 

何やら暴風雪警報なんてものも出ていたそうですが… 

まあ、テントあるし大丈夫wwって感じで仲間を迎えに行って出発。

そして車でゆっくりと1時間半ほどかけて現地に到着…

のはずが、なんと目的の場所のルートが雪崩の為に通行止め

現地近くのパーキングで待ち合わせしていた他の仲間は知らなかったようで三人で大慌て。
どうしようこうしよう悩んだ末に出た結論は…

とりあえず釣りができれば茨戸でもいいんじゃね?

という結論に。


うっしゃーいくぜーと走り出したのは午前6時近く。車止める場所空いているのだろうか…
再度市内を通り抜けて何とか8時前には現地に到着。

やはり車が沢山いますね。
どうしようかなーと悩んだ挙句 少し離れたところに車を止めて歩くことに。

ソリを引きずってテクテク歩き やっとポイントへ。
んで、慣れているポイントってことで場所をちゃちゃっと決めて準備します。

色々ありましたが8時半からようやくフィッシングスタートです!


釣り始めた出だしからアタリ頻発で、かなりの入れ食い。
ワカサギはポイントでかなりの釣果が分かれてしまうんですが、勝手知ったるなんとやらですね。

えーっと…釣果以外書くことがあまりないんで、
今回は僕の釣り方をレクチャーをしてみたいと思います。

僕の仕掛けは秋田狐1号の7本針。仕掛けの長さは80㎝のやつです。
行ったポイントにもよるんですが、今回は駆け上がりよりも少しだけ流芯近くにポイントを決めました。
駆け上がりは1.5mくらいの水深で、僕がやったポイントは2mくらいですかね。
あまり流芯に近すぎると群れが散発になるし
仕掛けが流されて氷にラインが触れアタリがとりずらくなる原因にもなりますので。
流れが強い場所でやる場合はおもりの重さを重くするといいです。
ただし、ワカサギの竿は柔らかい竿ですのでせっかくの細かいアタリが分かる感度が犠牲になることもあります。
その場合はある程度張りがある竿を使ってみましょう。

釣り方としては置き竿にはせずに随時手持ちをしていたほうが、アタリがあった際にあわせやすいです。
重要なのは誘いよりも 誘った後にしっかりと竿を止めて静止させ、アタリを見逃さないってことですね。

竿がビクビクビクってした後に合わせても1匹~複数釣れることもありますが…
結構バレていることも多いです。

最初のピクッと竿が動いた瞬間にしっかりと反応してあわせると、
一匹ずつではありますがコンスタントに釣れます。
餌が全部とれてしまうことや駄目になることが少なくなりますし、
一本ずつなら餌を付け替えるのも楽になります。
複数を狙って置き竿にしておくと掛りが悪い場合は魚のお互いの動きで口から針が外れ、

あんなにビクビクしてたし時間をかけたのに一匹orゼロ!?

みたいな残念なこともよくあります。

合わせ方は竿は水平のまま素早く腕を30㎝~40cmくらい上げる感じで。
感覚としては手を腰かお腹くらいの高さで竿を維持して釣り、アタリがあったら目線の高さまで一気に上げる。
そして掛っているかを腕を上げたまま見てみます。
目線の高さなのでスムーズに竿の動きが見れます。
掛っていれば竿がぴくぴくと動きますし、掛ってなければもちろん無反応。

掛っていた場合はそのまま巻きあげて、掛っていない場合は腕を下げます。
この動きも誘いになるので腕を下げて静止させた瞬間にアタリが出ることがあります。

よく釣り慣れていない方がやってしまうのが…
竿が動いた!すぐに巻く!あれ?掛ってない。 再度落としてみる。
しかしどの深さでアタリがあったかが分からないのでアタリが来ない!
というのが多いです。

なので、
①しっかりと合わせる。
②掛っているかをチェックしてから巻く。
③巻く場合は回数を数えておく。一回転…ニ回転…という感じに。
④釣れたらもう一度その回転数の所に落とす。

一般的なワカサギリールだと落とすときに一緒にハンドルも回るのでその回転数を見るか、
自分で逆回転させて落とし、掛った棚に合わせればオーケー。
あ、べた底で釣れている場合は別に回転を数えなくても大丈夫ですので①・②のみ繰り返します。

さて、ここまで書きましたが釣り方は各人色々ですし一発狙いで時間をかけて一挙に複数釣るか、
コンスタントに一匹ずつ釣るかはその人のスタンスによりますからあくまでレクチャーは参考に…ということで。

そんなこんなで講釈をたれてしまいましたが、とにかく上記のやり方で釣り続け…
12時40分を回った段階でもうそろそろいいかなーと一旦数を数えてみます。
バッカンから袋に数を数えながら入れていくと…


その時点で459匹wwwww

あと41匹で500匹なのでもう少しだけ釣ってみます。
その後もとりあえず釣れ続け午後1時半になったのでやめ、数を再度計測。
その結果…

50分間で74匹ww

そして釣果は 533匹 という結果になりましたw

初釣りで500匹を超えたので大満足です!
二人の仲間も三ケタは余裕で行っていたので皆満足の釣りとなりました。

写真がなかったのを家に帰ってから思い出し、
さばく前に台所でパシャリと。
150125_080216.jpg

でかいザルがワカサギで埋まった…

一人でこの釣果は上々ですよね! まあ、僕の親や弟も同じくらい釣る人たちですから、
もし一緒に行っていたら我が家の台所はどうやっていたことやら…(苦笑)

いやー楽しかった! …捌くの大変だったけどねww

んじゃ、このへんで~

ではでは~

ぽちっとして下さるとうれしいです。
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

釣り | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<夢の楽園でサクラマスの影を追う | ホーム | 今年度フィッシング記録総集編!ヒラメ、ソイ、ブリ?、カレイ、ヤリイカ…etc>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。